2005年 04月 25日

ドンピエール @東京駅

d0025016_20581865.jpg

和牛ビーフカレー
これはカレー風味のハヤシライスだ。
エリンギ、タマネギ、牛肉…甘~く煮込んでありスパイシーな刺激はほとんどない。京橋もこんなに甘かったっけ?
店の名前が京橋ドンピエールエクスプレスカレーというだけあってあっという間に出てきて、辛くないので5分で食える。駅にはぴったりの店!!
本当はスープカレーが食べたかったのだが、少し時間がかかると言われビーフに…煮込むのかな?他のカレーとどう違うのだろう?
スープカレーも食べたいがこんなんなら他に行っちゃうだろうナ
[PR]

# by ikatako | 2005-04-25 20:58 | カレー
2005年 04月 22日

どんたく @二子玉川

d0025016_14273412.jpg

どんたくという名の讃岐うどん屋
看板メニューはチャンポン風のうどん!なるほどそういうことだったのか!!…あれ?チャンポンは長崎だろ
なぜどんたく?
結局分からずじまい。
もうひとつの看板メニュー焼うどん。讃岐うどんの焼うどん?なんかもったいない感じもしたが雑誌の切抜きの写真があまりにもうまそうなので思わずこれにしてしまった。
う、うまい!!昔懐かしいソース焼そばの味。もちもちでコシのあるうどんもとてもよい!今度家で挑戦してみよう
ぶっかけもチャンポン風もうまそうだけど次に来たらまた焼うどんを注文してしまいそうだなぁ
[PR]

# by ikatako | 2005-04-22 14:27 | うどん・そば
2005年 04月 21日

頂上麺 @東京駅

d0025016_2148789.jpg

東京駅のキッチンストリートにできたフカヒレ専門店
メニューは醤油味と塩味の2種類のフカヒレあんかけに麺、ご飯、焼そばの組合せ+蟹肉のオプションといったかんじでシンプル
さすがこれだけで勝負しているだけあってとても濃厚でおいしい!しかし1300円であの量はないでしょ!!3時にはもうお腹すいちゃったよ
[PR]

# by ikatako | 2005-04-21 21:48 | 中華
2005年 04月 19日

麺一筋 @水道橋

d0025016_20231369.jpg

藻塩ラーメン
尾道ラーメンの店で周りを見ると醤油系を食べている人の方が多い感じ
きれいに透き通ったスープに海ブドウなど海草類が入って海の香りを思いだす
塩ラーメンは細い縮れ麺が多いが尾道ラーメンの腰のあるやや太麺もなかなかうまい
トロトロのチャーシューも塩ラーメンらしからずおいしい!
背脂がついて来るがせっかくなので最後までさっぱりした藻塩の風味を味わいたい
[PR]

# by ikatako | 2005-04-19 20:23 | ラーメン
2005年 04月 19日

富麗華 @麻布十番

日本一の中華料理店とも評される富麗華。店の雰囲気も立派、価格も立派だがさすがにうまい!!下から2番目の13000円のコースだったが全くもって充分。どれをとっても申し分ない料理ばかりだがフカヒレスープ、北京ダック、チャーハンは秀逸!この3つ山盛りで5000円のコースがあったら行きたいくらい
おいしゅうございました
この倍の値段のコースは一体どんなんだろう?
[PR]

# by ikatako | 2005-04-19 08:43 | 中華
2005年 04月 16日

石頭楼 @六本木

看板のない店
韓国宮廷料理が台湾に渡りアレンジされた料理?
紹介がないとは入れないらしいが、電話をすると特に誰からの紹介と聞かれるわけでもなく予約が取れた。
店は非常にわかりにくく星条旗通りの途中を曲がった道からしか入れない。それさえわかれば、一見普通のマンションだが、窓から漏れる明かりの雰囲気からここだというのがすぐわかる。7時に店の前で待ち合わせをしていたのだが、店がわからず何往復もしている人に何人も出くわした。また、タクシーで次々に乗り付け入っていく客の多いこと多いこと。予約がなかなか取れないのもうなづける。

石頭鍋といわれる鍋はぐつぐつ沸騰させるいわゆる火鍋みたいな感じだが、はじめに豚肉と牛肉をごま油で炒めて肉脂を出し、それを一回上げて、スープを加えて海産物を入れ、野菜を入れ、その上で上げていた肉を入れごまだれ、ポン酢で食す。この味は食べてみないとわからないうまさ。
最後のおじやか、ラーメン。これまた絶品!!

港区六本木7-3-24 竜土ハイツE号401
[PR]

# by ikatako | 2005-04-16 13:59
2005年 04月 11日

サンライン @泉岳寺

泉岳寺の英国風特製カレー『サンライン』。
辛いのに水を出してくれないことで有名なカレー専門店。

泉岳寺から魚覧坂のほうに行く何とか坂の一番上あたりでピーコックの目の前。夏は汗をかきに行くために汗をかく(?)ようなもの(?)多分つらいかも。。。

喫茶店のような店かと思ったら、意外とあっさりした殺風景な店構えで、準備中か閉店しているかと思った。 

恐る恐るドアを開けてみると12人ぐらいでいっぱいになりそうなコの字のカウンターだけ。1時過ぎだったこともあってかお客さんはいない。カウンター内にお姉さん(ちょっとむりある!?)ひとり。。。
『メニューはビーフカレーだけですので。。。』と言ったきりカレーを温め始める。テーブルにはみつを見たいな字で何やらうんちくが書いてあり、店の紹介のポストカードには「泣けるカレー」とのキャッチフレーズ。・・・「泣けるカレーとは言えただ辛いのではなく、神経を休める刺激なのです。」との件も。。。

数分で出来上がり、『ご飯と混ぜると辛くなりますので少しスープを飲んで様子を見ながら食べてください。(別々に食べてくださいって言ってたのかな?)』とな。たかがカレーとは言えなかなか難しい。ビーフカレーとはいっても煮込んだ後裏ごししているため具は何一つ見えないさらさらのスープカレー。
いよいよ一口ルーをすすってみると、からい!?んん?う、うまい!!泣けるカレーというほどの辛さということではなく、程よい辛さといった印象。紅花よりちょっと辛くないくらいかなくらいの感じ。なんだか不思議なコクがあって。。。あぁにんにくか他にはあまりない奥深さがある。胚芽米も程よい硬さで非常によく合っている。

最後に抹茶のアイスが出てくる。これもおいしいのだが、できればしばらくカレーの余韻を楽しみたい気も。。。出際に『しばらく冷たいものを飲まずにおなか中の温かさを感じてみてください。。。(だったっけか?)』じゃあアイス出さなきゃいいのに!!!

いやぁこだわりの塊のようなカレーだけどとってもおいしいのでご愛嬌(^^)ということで

しかし、これのどこが英国風なんだろう?d0025016_004348.jpgd0025016_01822.jpg
[PR]

# by ikatako | 2005-04-11 00:01 | カレー
2005年 04月 08日

櫓のチキンカレー @神保町

d0025016_2352541.jpg
見た目は本当にただの居酒屋。中に入っても焼酎や日本酒がゴロゴロおいてあり、メニューにカレーがあること自体似つかわしくない雰囲気。
しかし厨房とフロアに3人のインド人!!これまた不思議な感じ。

とりあえず初めてということでチキンカレー。
辛さは?と聞かれたので辛めで、と答えると、『チキン3から~』という厨房へのオーダー。
何かと思ってメニューを裏返すと辛さのレベルが5段階あるらしくその真ん中。1が普通で3は本物(?)5はチャレンジということだった。

ルーとライスとサラダ、デザートが定食みたいにお盆にのって出てくるところが居酒屋っぽい。

ルーを啜ってみると、ん?あまり辛くない?というよりタマネギがたくさん入っていて甘みがある。
しばらくするとスパイスの刺激が出て来てとてもいいバランスになってきた。うまいなぁ!食べ進めるにつれておいしさを実感。あっという間に完食してしまった。

辛めということでレベル3だったがもうちょっと辛くてもいいなぁ 次はレベル5にチャレンジしてみよう。

見た目、高野豆腐のようなデザートがおいしかった。スバゲティの粉とココナッツ他を混ぜて作るらしい。ココナッツ好きにはたまらん!

神保町でのカレーセレクトはいつも本当に迷うが、また悩みの種が増えてしまった
[PR]

# by ikatako | 2005-04-08 23:53 | カレー
2005年 04月 07日

伽哩人(カリスト) @中野

中野サンプラザの先、野方警察の斜め前。中野駅からだと10分くらいかかる。

ちょいとおしゃれなカフェ風で、中に入るとスパイスビンがたくさんディスプレイされていて期待感を増幅させてくれる。タマネギは富良野産、塩はフランスブルターニュ地方のゲランド塩、黄河の黒米等を使う等相当なこだわり様

まずはスタンダードなチキンカレー
d0025016_23575661.jpg出てくるとまず赤飯のようなライスにびっくり!サラサラのルーにまるごとゴロゴロころがっているクミンとシナモンパウダー…スパイシーでとてもおいしい!
ただ、赤飯のような黒米はちょっと個性がありすぎて合わない。
白米(できればタイ米)と選べればいいのに…

蒸した野菜がのってる野菜カレーもおいしそう。次はそれを食べてみよう。
[PR]

# by ikatako | 2005-04-07 23:58 | カレー